Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

観光地として有名な、岐阜県飛騨高山から車で約30分ほどの街、飛騨古川飛騨古川は、高山の奥座敷とも言われていて、飛騨に残るもう一つの古い町並みとして知られている。高山と比べると、だいぶこふんまりしているが、外国人観光客はほとんどいなくて、趣きのある町並みをのんびり散策できる。
また、白壁土蔵や、1,000匹余りの色とりどりの鯉が泳ぐ瀬戸川が有名。

飛騨古川のメイン通りを少し外れたところに「壱之町珈琲店(いちのまちこーひーてん)」がある。お店の目の前についたら、もう間違えもないような暖簾が(笑)。

壱之町珈琲店(いちのまちこーひーてん)

駐車場は特にないが、お店の方に相談すれば、お店の前の通りに駐車できる。ただし、スペースは1、2台程度。

お店の前には、年季の入った看板が。ここは全席禁煙で、コーヒーとカレーがメインなのだが、なんと、メロンパンも有名らしい。

駐車場は特にないが、お店の方に相談すれば、お店の前の通りに駐車できる。ただし、スペースは1、2台程度。  お店の前には、年季の入った看板が。ここは全席禁煙で、コーヒーとカレーがメインなのだが、なんと、メロンパンも有名らしい。

店内は、照明が全体的に落とされ、居心地の良さそうな空間が広がっている。手前がテーブル席。奥にはお座敷があり、その奥には中庭が広がる。

店内は、照明が全体的に落とされ、居心地の良さそうな空間が広がっている。手前がテーブル席。奥にはお座敷があり、その奥には中庭が広がる。

お座敷席からみたテーブル席はこんな感じ。

お座敷席からみたテーブル席はこんな感じ。

一番奥のテーブル席に腰掛けると、昔は階段として使われていたんだろうか。階段らしきものが、いまはディスプレイ棚になっている。またテーブルは、一枚板なのか、なんとも荒々しい感じで、逆に和む。

飛騨古川にある、自然と人が集まるカフェ「壱之町珈琲店」

この日は、真夏だったので、本来は暖かい珈琲をいただくところだが、アイスカフェオレを注文。優しい味で美味しい。

飛騨古川にある、自然と人が集まるカフェ「壱之町珈琲店」

そして名物のカレーライスはというと、辛すぎず、甘すぎず、お野菜もゴロゴロしてなくて、こちらも優しい味。

飛騨古川にある、自然と人が集まるカフェ「壱之町珈琲店」

そして、ここで初めて見かけた「氷コーヒー」なるものを注文。なるほど、コーヒーを凍らしているのか。

飛騨古川にある、自然と人が集まるカフェ「壱之町珈琲店」

コーヒーは溶けやすいように細かくなっていて、地元でとれた牛乳を注ぐと、こんな感じ。美味しかった!これはやみつきになり、家に帰ってから、自分でもコーヒーを凍らせて、なんども飲んでみた。これから夏の定番になりそう。

飛騨古川にある、自然と人が集まるカフェ「壱之町珈琲店」

壱之町珈琲店(いちのまちこーひーてん)には、観光の方も多く訪れるが、地元の方も多く立ち寄る。みんな、穏やかにお話ししたり、一人でものを考えたりと、とても自由で暖かい空間だった。今度は秋か冬にきてみたいと思った。また違った雰囲気や景色がみられるんだろうな。

 

MAP

壱之町珈琲店(いちのまちこーひーてん)
住所:岐阜県飛騨市古川町壱之町1-12
電話番号:0577-73-7099
営業時間:10:00~17:00
定休日:火曜日