Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2年以上も前に日本ですでに紹介されているオーストラリア生まれの、無料で利用できるグラフィック作成アプリケーション「Canva」。改めて今現在の「Canva」を紹介したい。

まずはCanvaの成り立ち。なぜここからかというと、Canva沿革紹介はとてもシンプルで分かりやすいページになっていたので、ぜひ紹介したいと思った。

 

Canvaストーリー

Canva」は、2012年7月に誕生。Melanie Perkins(メラニー・パーキンス)さんが大学でグラフィックデザインを教えてきた時、生徒たちがその基礎習得に苦戦しているのを見て、Canvaのアイデアを思いついたそうだ。

2013年3月には、Matrix Partners、InterWest Partners、500 Startups、Facebookの技術部門ディレクターLars Rasmussen氏やYahoo!のCFOのKen Goldman氏などの著名なオーストラリアやアメリカの投資家から、資金調達ラウンドで300万米ドル獲得したことを発表した。

2013年8月には、グローバル展開をスタート。

2014年1月には、15万ユーザーに拡大し、4月にはシリコンバレーの著述家、演説家、投資家、ビジネスアドバイザーガイ・カワサキ(Guy Kawasaki)氏が、チーフ・エバンジェリストとして参加することになった。

そして8月には、フィリピンのマニラにカスタマーサポート、デザイン、マーケティングティームを置いた。

10月には、指先で操作できるiPadアプリを公開。

そして、同月に100万ユーザー突破。

11月、Canvaデザインスクールを開講。またデザイナーのための画像やレイアウトを活用できるマーケットプレイスの運営を開始。

2015年8月には、400万人ユーザーを突破。1年足らずで約4倍ものユーザー数になったということだ。どれほど便利で使えるツールなんだろう。早速登録して使ってみることにした。

 

Canvaへの登録

登録する際、Facebookアカウント、Google+アカウント、メールアドレスの3種類から選べる。登録すると、何のためにCanvaを使うのか「Work(仕事)」か「Personal(個人)」か「Education(教育)」を聞かれる。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

ここでは「Personal」を選択してみる。すると「23秒でCanvaがわかる簡単ガイド」がでてくる。これがとてもわかりやすい!基本中の基本だけをアニメーションで教えてくれるのだ。これでユーザー登録をしてそのまま操作が分からず離脱してしまう人はほとんどいないだろう。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

こちらが初期画面。なんと!ここから自由に操作してね、という普通のソフトウェアやツールではなく「Beginner’s Challenge」ということで、ワークスペースがチュートリアルになっている!なんて親切な。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

このチュートリアルは、まずテキストベースで「色を変えてみてください」「背景を指定してください」等指示してくれるが、わからなければヒントをクリックして、動画で操作を確認することができる。こ、これは便利。さささと指示に従っていくと、こんなレイアウトもちゃちゃっと作れてしまう。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

 

すべてのチュートリアルを終了すると、以下のCongratulations!メッセージが。ちょっとでもやりきった感があって少し嬉しい(笑)。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

そしてこれがチュートリアルを終えた後の画面。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

ソーシャルメディア、プレゼンテーション、ポスター、Facebookカバー、Facebookの投稿、Instagramの投稿用など、ひな形を選択すれば、それに合わせたサイズやレイアウトが瞬時に出てくる。便利だー。視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

 

試しに作ってみた。これはポストカードのテンプレートを使用。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

Facebook投稿用のサイズで作成。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

そして、シンプルにアイコンとフリーテキストを組み合わせたもの。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

そしてなんと!インフォグラフィック用のテンプレートもあるではないですか。こ、これは便利。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

そしていままで作成したものを、以下のように保存していくことができる。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

「Stream(ストリーム)」メニューをクリックすると、Canvaを使って作成された画像を閲覧することができる。これは参考になりそうだ。

視覚的操作で簡単デザイン作成ができちゃう「Canva」

 

今回はここまで。Canvaではもっともっと機能があるし、教育コンテンツも充実している。基本的には素材(イメージやアイコン)が有料になっているケースが多いが、フリー素材や自分で撮った写真画像を活用すれば、無料でも十分いける。一度使ったら手放せなくなった。これはユーザー数が1年弱で4倍になるはずだ。これからさらにユーザー数は拡大していくことだろう。

これからはこのCanvaが活躍します(笑)。