Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

マーケティングを行うにあたり、顧客やリード(見込み顧客)、取引先相手等の趣味思考やつながりも把握することことが今は必要となっている。いまは様々なソーシャルメディア上にそういった情報が散らばっていて、それをかき集めてデータベース化するのはとても骨の折れる作業だ。FullContact(フルコンタクト)は、世の中に公開されている実名や写真、ソーシャルメディアに掲載されているプロフィールや友達のつながりなどを一挙に集めてくれるツールだ。一度でも自社サイトにサインアップ(もしくは登録)してくれれば、また名刺をスキャン、自分でFullContact(フルコンタクト)に入力すれば、そういった情報を一挙に集めてくれる。

ただ、ウェブサイトを見る限り、Googleのgmailアカウントに集約するのが一般的みたい。その他、他データベースやソフトウェアと連携できるようAPI公開もしている。うーん、、何ができるのか紹介動画があると良かったのだが、Youtubeを探してもないようなので、とりあえずトライアルをしてみるのが一番だろう。

Gmailアドレスと連携すると管理画面が表示。はじめてアクセスすると、簡単な使い方ナビゲーションが表示される。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

今回連結したgmailアカウントは、テストようなので連絡先は0件のため、トライアルでできることは少々乏しいが、自動的にFullContact(フルコンタクト)の連絡先が入ってきた。これをみると「パーソナル(人)」と「カンパニー(会社)」の2つでコンタクトは構成されているようだ。以下の画像はパーソナル。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

そしてこれがカンパニー情報。あらかじめ主要なソーシャルメディアとは連携されていて、それぞれのソーシャルメディアに登録しているプロフィールをこの画面上で確認ができる。また、ソーシャルアイコンをクリックすると該当ページにジャンプする。これは位置画面上でソーシャルページに自動リンク設定がされているのは便利かもしれない。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

 

ソーシャルリンクを追加したり、アカウント変更したい場合には、以下の設定画面からユーザー名の変更、ソーシャルURLの追加をすればよいだけとなっている。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

編集、コンタクトのコピー、削除、変更履歴の確認もこの画面からできるほか、エクスポートも問題なくできる。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

そして名刺もiPhone等から撮影して簡単に取り込むことができる。これは名刺管理Eightと同じ機能のようだ。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

「Activity Log(アクティビティログ)」では、名刺取り込み、手入力、システム連携等して取り込んだ、または修正した全履歴を確認することができる。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

 

コンタクトに対し、タグ付けすることでカテゴリー分けができる。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

ここまでは基本的に誰でも無料で使うことができる。そして「Premium(プレミアム)」サービスが$9.99/月額で用意されている。登録コンタクトを5,000件を超えるような場合や、名刺を月々50枚ぐらいスキャンしたい場合、リアルタイムで同期をしたい等の場合に有効だ。

コンタクト(連絡先)情報を一元管理する「FullContact(フルコンタクト)」

 

総括すると、俯瞰してみると、顧客管理、取引先管理等様々な個人(企業)情報をこのFullContact(フルコンタクト)上で一元管理できる。ただ、リード(見込み顧客)管理には決して向かないだろう。なぜならステータス(見込みがあるのかないのか、連絡NGをもらったのかどうか等)を入力&複数メンバーでシェアしあうには、少々インターフェイス的にも不便だし、顧客管理にしても顧客別売上管理もできなさそう。ただ、さまざまなAPIが用意されているので、うまく組み合わせればこれらの不安も払拭できるだろう。

ただ、ざっと使用した感じでは「名刺管理&名刺データベース化」して、必要に応じて第三者にも共有するためのツールだろう。