Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ここ数年、都会からの移住者に対して、各地方自治体が住まいや仕事、生活等へ支援金を出す、優遇するなどの支援制度を設けている場合がある。「社団法人:移住・交流推進機構」は移住検討者のための情報サイト「JOIN:ニッポン移住・交流ナビ」を運営している。

知らないと損する全国自治体支援制度(2015年度版)

その中に「知らないと損する全国自治体支援制度(2015年度版)」コンテンツがある。「住まい」「子育て」「仕事」「移住体験」といった情報が地域ごとに確認することができる。

知らないと損する全国自治体支援制度(2015年度版)

例えば「住まい」に関する支援。全てウェブページで全自治体情報が掲載されてはいないが、特に注目すべき制度についてはハイライトされている。例えば山形県遊佐町では「空き家バンク登録物件を町が最大350万円かけてリフォームしてから提供」といったかなり奮発した制度がある。

例えば「住まい」に関する支援。全てウェブページで全自治体情報が掲載されてはいないが、特に注目すべき制度についてはハイライトされている。例えば山形県遊佐町では「空き家バンク登録物件を町が最大350万円かけてリフォームしてから提供」といったかなり奮発した制度がある。

「医療」においては、「18歳までの子どもには、医療費無料」としてる地方自治体を紹介。

知らないと損する全国自治体支援制度(2015年度版)

「仕事」ではなんと!!新潟県長岡市では「起業家に対して対象経費最大1,000万円補助」とあるではないか!!これは後で詳しく調べよう。

知らないと損する全国自治体支援制度(2015年度版)

移住場所を探しているタイミングでチェックしておきたいコンテンツだ。