Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

リードジェネレーション(見込顧客の発掘)の新しい切り口として使えそうなツールの紹介。

Datanyze(データナイズ)とは、新規顧客を発掘しリーチするためのツール。これを無料で使えるという。普通のツールを違うところは、これはブラウザプラグインツールということだ。例えばChrome(クローム)なら「Datanyze Insider(データナイズ・インサイダー)」より拡張機能をインストールすればいい。試しにインストールして使ってみると、これが無料??というくらい使える機能がたくさんある!ただ使用する前に、会社名、氏名、メールアドレス、ログインパスワード等設定する必要がある。

完全無料で使える会社調査&見込顧客発掘ツール「Datanyze(データナイズ)」

使い方はとても簡単。画面上部のフリーボックスから会社URLを入力。ここではDatanyze(データナイズ)のURLを入れてみる。その結果がこれ。住所や簡単な会社情報が即時に表示された。

完全無料で使える会社調査&見込顧客発掘ツール「Datanyze(データナイズ)」

その下には、ソーシャルを活用している場合、Twitterフィードや最新記事等が表示される。

完全無料で使える会社調査&見込顧客発掘ツール「Datanyze(データナイズ)」

では、日本企業も表示されるのだろうか?試しに日経新聞でサーチ。おお!基本情報までは(内容があっているかどうかは定かではないが一応)表示された。

完全無料で使える会社調査&見込顧客発掘ツール「Datanyze(データナイズ)」

次に「人(People)」タブをクリックすると、ソーシャル上に会社上と共に実名公開しているであろう人たちの情報が表示される。

完全無料で使える会社調査&見込顧客発掘ツール「Datanyze(データナイズ)」

「メールアドレスを探す(search for emai)」をクリックすると、なんと、、近しいアドレスを表示してくれるのだ。さらにすごいのが、Datanyze(データナイズ)でピックアップした見込リードをSalesforce(セールスフォース)に簡単にリード追加することができるのだ。

「メールアドレスを探す(search for emai)」をクリックすると、なんと、、近しいアドレスを表示してくれるのだ。さらにすごいのが、Datanyze(データナイズ)でピックアップした見込リードをSalesforce(セールスフォース)に簡単にリード追加することができるのだ。

また、管理画面からではなく、Chrom(クローム)ツールバーからも簡単に情報を得ることができる。

完全無料で使える会社調査&見込顧客発掘ツール「Datanyze(データナイズ)」

 

今紹介したDatanyze(データナイズ)のチュートリアルは動画でも紹介されている。

 

 

 

いくつか日本企業をサーチしてみたが、ソーシャルの感度が高い企業の場合、割と充実した情報が獲得できそうだ。こちらはマニュアル作業になるが、気になるアタックしたい企業があれば、このDatanyze(データナイズ)を使えば、効率的に会社情報を得ることができ、あわよくばコンタクトパーソンの情報も得ることができそうだ。

そもそもDatanyze(データナイズ)はどうして作られたか、だが、2012年に、友人の営業成績を上げるため、コールドコール(cold call: 営業電話)をかける前に準備ができるトラッキングツールのプロトタイプ(お試し版)を作成したのがはじまりだそうだ。やはり万国共通で「課題」や「直面している壁」からヒントを得てサービス開発が始めるのだなと改めて思った。