Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

ポーランド初のイーコマース専門のマーケティングオートメーションツール「SALESmanago(セールスマナゴ)」は、クラウドベースのプラットフォーム。世界40カ国、3,500以上の国と地域で使われている。Datanyze(データナイズ)によると、世界第6位に入るマーケティングオートメーションツールだ。デロイト(Deloitte)、イヴ·ロシェ(Yves Rocher)、ティンバーランド(Timberland)をはじめ、大手銀行、小売業者や大規模なeコマースから数百人規模の中小企業から支持されており、5億以上もの顧客情報が扱われている。

SALESmanago(セールスマナゴ)」は、ウェブサイト訪問者の識別やトラッキング、個々に応じたemailマーケティングの実施、動的ウェブコンテンツの作成、ターゲットに合わせたアドネットワークの提供、ダイレクトセールスチャネルの提供などを行っている。本社はポーランド。イギリス、アメリカに支店がある。

ウェブサイトを見る限り、かなりの機能が「SALESmanago(セールスマナゴ)」にはあり、残念ながら説明動画はない。なので、今回はデモ画面を見ながらどんなことができるのか確認してみた。

 

CRMカテゴリー

CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)とは、顧客満足度を向上させるために、顧客との関係を構築し、イーコマース業界であれば売上アップを狙うために使う手法のこと。よって、「SALESmanago(セールスマナゴ)」のCRMカテゴリーには顧客リストが収納されており、リストの更新やどの顧客がどのファネル(Funnel)にいるのか、どのキャンペーン対象になるか、どんなステータスなのか等を確認&設定することができる。セールスフォース(Salesforce)の一部機能がついているイメージ。

これが顧客リスト(Contacts)画面。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

左サイドメニューがアイコン化されておらず少々使いづらそうだが、ラベリングがシンプルなので、日常的に使っていればすぐに慣れるナビゲーション。顧客リストもテーブル(表)形式になっていて、普段使う項目を設定しておけば、フィルタリングもここから簡単に行えるのでとても使いやすいかもしれない。フィルタリング(抽出)は、タグ、フレーズ(単語)、リファラル(ソース元)等から実施できる。

そしてこれが顧客データ。個々のデータ以外に「スコア(Score)」欄には、「売上(Sales)」「リテンション(Retention)」「ケア(Care)」「離脱(Exit)」の4軸においてどのぐらいのスコアなのかを一目でわかるようにしている。うーん、、これは使いこなさないとどの程度便利なのかわからない。。その他、どのページを閲覧したか、サイト内行動を履歴として閲覧することができる。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

また、顧客軸ではなく、会社軸でリスト管理することも可能。またリストをcsvファイル等でバルクアップロードや、直接入力することも他ツールと同様できる。これは便利と思ったのが、顧客のステージ(ファネル)ごとに一目でわかるリストだ。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

またリードジェネレーション(Lead Generation)からリードナーチャリング(Lead Nurturing)などのソリューション実施した際、ファネルで一目でわかるようになっている。他部署に共有&報告する際に便利。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

CRMカテゴリーの概要については「Integrations with CRM, ERP and Call Centers」ページ参照のこと。

 

コミュニケーションカテゴリー

ここではメールマーケティング、ランディングページ作成、SMS、ABテストなど、具体的な施策を実施するときに使うメニューが一通り入っている。

例えばニュースレターを作成する画面では、直感的にパーツをドラッグ&ドロップするだけでレイアウト配置ができてしまう。これはHubspot(ハブスポット)より便利かも。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

ランディングページも同様の画面から作成可能。また動的コンテンツの制作については、HTMLがかけなくてもワードプレスのように簡単に編集&作成できる。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

その他分析カテゴリー、設定カテゴリーがある。

 

結局、SALESmanagoでは何ができるのか?

他社マーケティングオートメーションツールに盛り込まれていることは、SALESmanago(セールスマナゴ)でももちろん実施可能。というより、リードジェネレーション(Lead Generation)からリードナーチャリング(Lead Nurturing)、キャンペーン設定、インバウンドマーケティング、SEO対策、分析、PDCAサイクルの策定&設定などなど全部揃っているので、できないことを探す方が大変かもしれない。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

どのマーケティングオートメーションツールを使おうが、上記のソリューション設計ができないと、どのツールを使おうが同じ結果になるということは、踏まえておくべき。

 

料金体系は?

料金体系は以下の通り。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

  • B2B Lead Generation(B2Bリードジェネレーション):無料
    ウェブサイト参照元企業を特定するのみ
  • CRM & Contact Management(CRM&コンテンツマネージメント):無料
    コンテンツマネージメント、メモ、タスク、リマインダー、セールスファネルの利用のみ
  • e-Mail Marketing(Emailマーケティング):無料
    登録している顧客にニュースレターの配信
  • Marketing Automation(マーケティングオートメーション):199ユーロ/月額
    全マーケティングプラットフォーム(機能)の利用
  • Marketing Automation Elite(マーケティングオートメーション・エリート):1,499ユーロ/月額
    カスタマイズサービスの提供

 

いくつかのプランは無料とあるが、ここで注意しなければいけないのが従量課金制ということだ。登録コンタクト数が千以下であれば無料だが、千を超えるようであれば以下のような料金体系になる(まー、当然といえば当然かも)。

ポーランド発信のオートメーションツール「SALESmanago」

 

総括すると、SALESmanago(セールスマナゴ)があればできるマーケティング領域はいくらでもある。ただ、これは単なるツールではなく、マーケティング施策を実施するために効率的にサポートしてくれるもの、という意識で使わないと、逆にツールに使われてしまい、成果はなかなか上がらないだろう。これは他オートメーションツールにも言えることだが。