Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

eMarketerの「Internet Users in China Will Spend More This Year on Singles Day」記事によると、昨年よりも独身の日(シングルデー:11月11日)に向けてオンラインショッピングでもっと商品を購入したいという人の割合が半数以上との調査結果をニールセン(Nielsen)が発表した。

Internet Users in China Will Spend More This Year on Singles Day

Internet Users in China Will Spend More This Year on Singles Day

  • もっとオンラインショッピングで購入したいという方の割合は、56%
  • 昨年と同じぐらいという方は、33%
  • 昨年よりも少ないという方は、6%

まー、インターネット人口やモバイル普及率、イーコマース利用状況の整備などは中国は年々加速中なので、この数字は驚くべきものではなく当然かも。

ただ興味深いのは、一人当たりの消費金額。ニールセン調べによると、昨年は1,440RMB(人民元:約28,000円)。AdMaster(アドマスター)調べによると、1,371RMB(人民元:約27,000円)だという。平均金額としては、決して低い金額ではないのではないか。