Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

WebディレクターやWebマスターの方たちにはおなじみの無料ツール。競合や類似サイトを検索して探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」。何を基準に探してくれるかというと、関連コンテンツ、サイトストラクチャー(サイト構造)、リンク分析アルゴリズム、ユーザー検索行動、ユーザーランキング等、30以上の独自エンジンやテクノロジーを使って探してくる。

音声はないが、動画で簡単に使い方を紹介している。

また基本英語のサイトだが、日本語を含む複数言語にも対応している(少々日本語がおかしいところがあるが)。

似たサイトを探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」

使い方は簡単。ページ上部のテキストボックスにURLを入力するだけ。今回はsimilarsites(シミラーサイト)のURLで検索してみた。検索結果は以下の通り。

類似サイトを探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」

日本語も対応しているのだろうか?試しにハンドメイドマーケットプレイス「minne(ミンネ)」で検索。うんうん、ちゃんと機能する。

類似サイトを探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」

そしてざっくりトラフィック(訪問者数)も類似サイトとともに比較したグラフを表示してくれる。

類似サイトを探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」

検索したURL独自のトラフィックデータをみたい場合には「See More Traffic Stats(トラフィック情報を詳しくみる)」をクリックすると以下が表示される。

類似サイトを探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」

日本語は文字化けしている場合が多いが、トラフィック、誘導元、検索サイト、ソーシャル拡散、広告、ワードクラウドなどなど、正規のデータではないので、あくまで参考数値となるが、無料で使える領域としてはかなりまとまっている。しかも視覚(グラフ)的にもわかりやすい。

類似サイトを探してくれる「similarsites(シミラーサイト)」

総括すると、サイトリニューアルや新規サイト構築する際、競合比較分析するのに多いに役立つツール。