Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

Projeqt(プロジェキュト)は、画像ベースのプレゼンテーション資料作成ツール。まずは使ってみないとわからない。ということでアカウントを作成し早速ログイン。すると初回のログインでは自動的に紹介動画が流れる。これはいい導線。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

「Create a new projeqt(新しいプロジェクトを作成)」をクリック。プロジェクト名、説明、タグを入力し「 Create(作成)」をクリック。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

初期画面が表示。とてもシンプル。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

 

まずはレイアウトや基本フォント等設定したいので、画面上部の「Theme editor(テーマ編集)」をクリック。ここではレイアウト、グリッド線、カラー、フォント、背景画像、ロゴの配置等が行える。ここはパワポでいうと、マスターページの設定といったところだ。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

「Add content here(ここにコンテンツを追加)」をクリックすると、何を追加するか(書類(ドキュメント)、画像(イメージ)、タイトル、本文の入力)を選ぶ画面が表示される。そして面白いのが「Pulse slides(スライドを挿入)」だが、ソーシャル上の投稿URLを指定すると、その内容がスライドに自動挿入される。Google MapやFeed(フィード)も簡単挿入。設定は簡単。URLを指定するだけなので、もし参照元のURLが変更&更新されたら、このスライドにも自動反映される。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

で、ささっと試しに作ってみた。なんの脈絡もないプレゼン資料だが(笑)。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

 

これをプレゼンテーションで見せたいときには、横スライド的に見せることもできるし、

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

 

フルスクリーンで見せることもできる。テキストで挿入したものであればドラッグしてすることもできるし、リンク設定していればクリックするとブラウザが開く。

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

以上が基本機能。もしカスタムフォントの設定や付加機能を使いたい場合には別途登録が必要となるが、ビジュアルメインでささっと資料を作る分には十分だと思う。

 

Projeqt(プロジェキュト)をつかってどんなものが作れるのか、サンプルは以下参照。

British Red Cross

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

 

The Seven Days Project

ビジュアル重視&コンテンツ要素がすでにあるなら「Projeqt(プロジェクト)」で簡単プレゼン資料作成

 

 

正直パワーポイントやKeynote(キーノート)を使い慣れている方は、そっちを使う方が楽かもしれない。が、PDF、動画、地図埋め込み、ソーシャル投稿の埋め込み等、要素のファイル形式等がまちまちの場合、Projeqt(プロジェキュト)はそれらをまとめる良い箱になる。