Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

今、どんな記事が消費者や顧客に人気なのか、何を知りたいと思っているのか。コンテンツマーケティングを実施したいのであれば、それを知った上でコンテンツを作成するのとしないのとでは大きく差が出る。BuzzSumo(バズスーモ)は、どんなキーワードやフレーズがソーシャル上で拡散されているのかを瞬時に表示してくれるソーシャル分析ツール。具体的には、Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、LinkedIn(リンクドイン)、Pinterest(ピンタレスト)、Google+(グーグルプラス)からだ。

 

BuzzSumo(バズスーモ)は2013年に設立。なぜBuzzSumo(バズスーモ)が生まれたかというと、創立者のHenley Wing氏いわく、どんなタイプのコンテンツがソーシャル上で望まれているかを知りたいというところからだったそうだ。ちょっと前まではコンテンツマーケティングはBtC向けだったが、BtC以上にBtBコンテンツマーケティングの必要性をよく耳や目にする。誰(ターゲット)にいつ(コンタクトするタイミング)、欲しい情報(コンテンツ)を提供できるかがコンバージョン(成約)につなげられるポイントだ。その「欲しい情報」とは世間一般的にどんな情報なのか。それをこのBuzzSumo(バズスーモ)をつかって情報収集することができる。そしてなによりも、日本語にも対応しているのでいますぐからでも使えるのだ。しかも無料で使える!(有料サービスももちろんあるが)

 

BuzzSumo(バズスーモ)の機能

まず、実際に試す前に、どんなことが得られるのか、どんな機能が付いているのかを紹介したい(基本的には「Product Tour(製品ツアー)」を翻訳。)

 

コンテンツ分析

ソーシャルネットワーク上でもっともシェアされているコンテンツを見つけ、分析レポートを得ることができる。

  • コンテンツ分析
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」
    BuzzSumo(バズスーモ)では、ソーシャル検索エンジンをつかって最もシェアされているトピック(記事)、投稿者、ドメイン等を検索してくれる。どのコンテンツが共感を得ているのかを理解することができる。
  • 過去1年分から簡単検索
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」過去〜12ヵ月から検索してくれる。これにより、1年前の今頃、どんなコンテンツが人気だったのか調べることができるので、シーズナリティを加味したコンテンツ作成に大きく役に立つ。
  • 主要ソーシャルネットワーク対象
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」
    Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)、LinkedIn(リンクドイン)、Pinterest(ピンタレスト)、Google+(グーグルプラス)が対象。海外ツールなのでYahoo(ヤフー)やLine(ライン)は対象ではないが、これはいたしかたなし。
  • 絞り込み検索
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」
    記事(Article)、インフォグラフィック(Infographics)、懸賞番組(Giveaways)、投稿(Guest Posts)、インタビュー(Interviews)、ビデオ(Videos)といった種類から絞り込み検索できる。
  • ソーシャル・バックリンク
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」
    ソーシャル上で拡散されたバックリック閲覧可能。
  • コンテンツ・キュレーション
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」
    キュレーション化(興味のある情報が集まっているもの)されたコンテンツを価値のあるものとして、BuzzSumo(バズスーモ)から直接ソーシャル共有することができる。

 

インフルエンサーの獲得

様々な領域においてのインフルエンサーを見つけ、彼らのレビューや記事を共有し増強していく。

  • インフルエンサーの発掘
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」
  • インフルエンサーの理解ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」b
    インフルエンサーが発するものを理解するため、どんな記事が共有されているのか、どこでシェアされているのか確認することができる。
  • データ出力ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」b
    検索結果をCSV、Excelデータに出力(ダウンロード)可能。

お知らせ機能

  • お知らせ(アラート)機能
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」b
    キーワードや競合がいつ新たなコンテンツを公開したかなど、お知らせしてくれる。
  • アラート(お知らせ)の設定
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」b
  • コンテンツ分析レポート
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」b
    記事(トピック)、ドメインに対するコンテンツ分析レポートの提供。

    競合分析

  • 競合分析
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」b
    競合のドメインから最もシェア(共有)されたコンテンツを検索することができる。
  • 競合比較
    ソーシャルで人気の投稿を事前に調査「BuzzSumo(バズスーモ)」bうーん。これが全て無料で使えるならいうことなし。本当に全部無料で使えるのか?ということで料金体系へ。

    料金体系

    BuzzSumo(バズスーモ)のトップページでは誰もが自由にキーワードやフレーズを入力し検索することができるか、検索結果は上記10件までしか表示してくれない。それ以上表示したい場合には有料となる。

    ここでは月額ベースで紹介するが、年額一括払いにすれば20%割引になる。

 

Pro(プロ) Agency(エージェンシー) Enterprise(エンタープライズ)
$99/月額 $299/月額 $999 〜/月額
ブロガーや少人数で利用する場合。 中規模チームでの利用。Pro(プロ)全機能およびAPI機能その他利用可能。 中大企業向け。
機能
1〜5ユーザー 10ユーザー 100〜ユーザー
10アラート(お知らせ) 50アラート(お知らせ) 100〜アラート(お知らせ)
10トレンドフィード 50トレンドフィード 100〜トレンドフィード
無制限検索 無制限検索 無制限検索
〜1万件データ出力 〜1万件データ出力 〜1万件データ出力
言語&国別絞り込み 言語&国別絞り込み 言語&国別絞り込み
コンテンツ分析レポート コンテンツ分析レポート コンテンツ分析レポート
ドメイン比較レポート ドメイン比較レポート ドメイン比較レポート
Facebook分析 Facebook分析
APIアクセス APIアクセス
トレンドRSSフィード トレンドRSSフィード
アドバンスドトレンド絞り込み アドバンスドトレンド絞り込み
トップ投稿者レポート トップ投稿者レポート
ウェビナートレーニング

Pro(プロ)とAgency(エージェンシー)は14日無料トライアルができる。

 

総括すると、コンテンツを作成する前にSEOで狙うべきキーワード調査、競合調査を行うのは当然のことだが、ソーシャル拡散されている投稿調査はついつい忘れがちになる。というのはソーシャルメディアごとに調べるには時間がかかりすぎるし、Google、Yahoo、Bingなどの検索ポータルのオーガニックサーチ上位に出すことが最優先だと考える企業が多い(その通りだが)。ただ商材やサービスによってはソーシャルからの誘導がオーガニックサーチと同様、もしくは無視できないというものもある。その場合、BuzzSumo(バズスーモ)を活用することでリサーチ&時間を大幅に短縮することができるだろう。ただ一番安いプラン「Pro(プロ)」でも1万円以上/月額かかるので、ブロガーであればアフェリエイトで稼ぐレベル(もしくはあと少しでアフェリエイトサイトになりそう)、中小企業であれば長期的にコンテンツマーケティングに取り組む覚悟がないと、正直もったいないかも。

 

次回は、別記事で14日無料トライアルの使用感を紹介したいと思うが、今日はここまで。

 

関連ページ