Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

いってきました。東京で開催された布博。といいながらも開催の数日前まで知りませんでした(苦笑)。どんなイベントかというと、その名の通り“布“にまつわるイベントで、約80の出展があった。

 

以下の動画は今回のイベントよりも上品な感じですが、イメージが伝わるかと(いってきたイベントは時間帯もあるけどとってもごった返していたので、こんなに落ち着いて見れませんでしたw)。

そして開催場所は、初めて訪れた競輪場「京王閣競輪場プラザ」。電車でいくと行きにくいので車で初日の早い時間にいってみた。駐車場は車を止めたと同時に、おじちゃまが駐車代(1,000円)を徴収しにくるという、ちょっと懐かしいスタイル。入り口を入ると懐かしい感じのちょっとした池の奥にラーメンの暖簾が。

想像以上の賑わいとかわいい!の連発!「布博 in 東京」

だけど、この日はほぼ女性ばかり!!朝イチからこんなに人がいるとは思わなかった。

入場料(500円)を支払うと、かわいいハンドメイドのランプがお出迎え。

想像以上の賑わいとかわいい!の連発!「布博 in 東京」

入場してすぐ、様々なお店に行列ができてた。なんでかな?と思ったらテイクアウト系のお食事ができるショップ(屋台?)が立ち並んでいて、みんなショップ巡りをする前に腹ごしらえといった感じ。私も一回りした後屋台を一周した結果、このうずまきソーセージにそそられ少し早いお昼ゴハンをいただきました。

想像以上の賑わいとかわいい!の連発!「布博 in 東京」

まだ11時ごろだというのに、本当にすごい人。1階も2階も大盛況。

想像以上の賑わいとかわいい!の連発!「布博 in 東京」

やはり布博ということだけあり、スクリーンプリント系のショップが目立つが、織りのお店もちらほら。細い糸で繊細に織り上げられた作品が目に止まる。織作家の永盛千賀さんによるショップ。とても丁寧に縫製されていて、織りだけではやっぱりダメだなーと実感。

織作家の永盛千賀さんによるショップ

そして同じ2階に目を引くテキスタイルショップ「nocogou」が。シンプルなパターンと優しい色の組み合わせが好みだったので、以下を購入。何を作ろうかなー。

テキスタイルショップ「nocogou」

1階も2階同様、ワクワク、自然に「かわいいー」と独り言が連発してしまうショップがたくさん(笑)。

次に即買いしてしまったのが京都にある「Tetra milieu」。とても好きな濃い色彩と異なる色の組み合わせ。

京都にある「Tetra milieu」

奥にある黒い花がとても力強い。

京都にある「Tetra milieu」

ディスプレイがとても魅力的なショップもたくさん!中でもイラストレーターと作品が一体となって販売されていたこのショップ。「Conomi」。

イラストレーターと作品が一体となって販売されていたショップ「Conomi」

「かぎ針編み」の手法で一点一点、手づくりされた作品たち。その作品を引き立てるのが可愛らしいイラスト。作品もイラストもかわいすぎて購入したのがこれ。ラッピングもすべてかわいすぎます!

イラストレーターと作品が一体となって販売されていたショップ「Conomi」

そのほかにも小さな木箱に入ったイヤリングなどのアクセサリーたち。このディスプレイはひとつひとつの作品を引き立てていて勉強になります。

想像以上の賑わいとかわいい!の連発!「布博 in 東京」

お店の前にオブジェを飾っているお店も。

想像以上の賑わいとかわいい!の連発!「布博 in 東京」

とにかく想像よりも規模が大きく、人が多かった!ハンドメイド業界、まだまだ、いや、これから伸びる市場なのだと肌で実感。製作意欲がわてきました。ありがとうございます。